森の散歩道

f0282915_1313789.jpg
雪もだいぶ溶けたので、久しぶりに森の散歩道に行くことにしました。と言っても久しぶりなのは私だけで、ボブちゃんは冬の間もスノーシューを履いて歩いていました。私はそんな過酷なお散歩は遠慮していたので、今回久しぶりの森の散歩道になったわけです。道路はすっかり雪も溶けていますが、日陰のところはまだ雪の壁が残っていました。

f0282915_13102532.jpg
仲良く歩く二匹。本当は先頭を歩きたくて必死な二匹。

f0282915_13111698.jpg


f0282915_13113112.jpg


f0282915_13115983.jpg
ニコはよく散歩中に、こちらをじっと見てきます。なんのサインか分かりませんが、ちょっと可愛いと思える瞬間です。

f0282915_1324114.jpg
チョっちゃんは、名前を呼ばないかぎり、見向きもしません。ハードボイルドな男なのです。

f0282915_1325939.jpg
お散歩道はこんな感じ。だいぶ雪も解けましたが、あと一時間もすれば、ズボズボ足がハマって歩きにくくなると、ポッティパパさんが言っていました。

f0282915_13265621.jpg
橋もこんな感じ。溶けていく途中ですね。

f0282915_13273976.jpg
橋の下の小川は、雪解けの水で少し増水していました。ここでチョっちゃんの前足を洗います。「チョっちゃん」と呼んだら、こっちを見てくれました。しかも笑顔。

f0282915_13291675.jpg
呼んでもいないのに、ニコがこちらを見ています。一体何だろう。

f0282915_13305285.jpg
足を洗ったら、また歩きます。久しぶりのお散歩道、体力が落ちてヒィヒィハァハァ。どんどん置いて行かれます。

f0282915_1332043.jpg
坂を上ったところにある小さな小川も、少しだけ増水していました。

f0282915_13355887.jpg
やっぱりわたしを見つめるニコ。一体どうして?

f0282915_13362617.jpg
チョっちゃんがちょっかい出されています。

f0282915_13364997.jpg
飛び跳ねて逃げて行きます。

f0282915_1337785.jpg
鹿の死体がありました。今年は雪が多くて、鹿が餓死していると、隣のおじさんが言っていました。そうゆうことなのかしら。

そんな感じで、久しぶりの森の散歩道は、汗をかきかき、辛いお散歩道でありました。


[PR]
by pupu_tytto | 2015-04-04 13:39 | おさんぽ


<< 高遠でお花見 イチゴ狩り >>